お金で買えない価値がある

駅に着くと父がいてそのまま保険屋に連行された。そこでは簡単な健康診断みたいなとかでアンケート形式だった。
おばあさんな生命保険面接士に、

生命保険面接士>「お勤め先と職種を記入して下さい?」
biwahoushi>「あの〜まだ高校生なんですけど・・・」
生命保険面接士>「あっはっはっは、ごめんなさい」

こんな調子で質問が延々と続いた。「うつ病・ノイローゼ」の欄に思わず〇をつけたくなったことは内緒。
診断が終わると保険屋さんが「きっとキビキビしてるから大人に見えたんですよ」とフォローしてくれるが余計なお世話である。そりゃ風邪引いてて寝込んでたから髭をそるのをかれこれ一週間近くサボってたからって酷ひぎる。